派遣社員から正社員への厳しい現実と道のり

働くならやっぱり正社員!?

本気で転職したいなら頼るべき転職エージェント

派遣社員で働いている人が本気で正社員を目指すなら、転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントは無料で利用でき、自分のスキルや希望職種を登録するだけで、キャリアコンサルタントが希望にあった会社を紹介してくれるので、正社員への近道になります。

待ち構える厳しい現実

待ち構える厳しい現実

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

派遣社員から正社員になる

派遣社員で働いている会社から、働きぶりを認められ正社員に雇用される事があります。また、それを希望して派遣社員として働いている人もいますが、会社が派遣社員を正社員として直接雇用するのは現実的に厳しいです。なぜ派遣社員から正社員への直接雇用が厳しいかを紹介します。

派遣社員の方が雇用しやすい

正社員は一度雇ってしまうと、よほどの事がない限り辞めさせる事ができません。しかし、派遣社員は有期雇用のため仕事内容や景気の善し悪しに応じて人材を調節する事ができます。また、正社員として雇用した場合は、社会保険の負担や退職金などがあるため、給料の3倍はお金がかかると言われています。特にリーマンショックで過剰人員を抱えてしまった企業は、正社員ではなく派遣社員を積極的に雇用しています。また、派遣社員が正社員になるには、3年の契約満期のタイミングで、派遣先の会社が正社員を補充したいと思わなければ、正社員になる事はできないので、運も必要となってしまいます。

3年ごとに異動すれば働ける

派遣社員は最大3年間しか同じ会社で働く事ができないと思われています。しかし、これは大きな勘違いで同一組織内でなければ3年以上働く事ができます。例えば、違う部署や課に異動するとまた同じ会社で3年間働けるのです。このように、派遣社員が3年毎に似たような部署や課に異動して働き続ける人も多くいます。そのため、企業は正社員ではなくても自分の会社で経験を積んでいる派遣社員を社員として雇用し続ける事ができるので、わざわざ正社員として雇用する必要がないのです。

働きぶりを認めてもらうのが難しい

派遣社員から正社員になるためには、会社が正社員として雇用したいと思うくらいの優秀な働きが必要です。しかし、派遣社員の仕事は正社員の補佐などほとんど業務内容が決められています。そのため、正社員以上の仕事をする機会がなく、仕事ぶりをアピールする事が難しいのです。

正社員雇用の言葉は嘘もある

派遣社員に対し、仕事の能力によっては正社員雇用もありと謳っている会社がありますが、実際は正社員雇用を目的として派遣社員を雇用していません。なぜ正社員雇用もありと謳っているかというと、正社員登用ありの方が優秀な人材を集める事ができるからです。やはり派遣社員より正社員として働きたいと思う人が多いので、正社員雇用ありと謳うだけで人が集まり、希望する優秀な人材を雇用しやすくなるのです。すべての会社が正社員雇用をしていない訳ではありませんが、正社員を目指して派遣社員として働いても、実際は正社員雇用がなく派遣社員のままということもありうるのです。

2017.09.29

こちらの記事がおすすめ

特集記事

  • 転職エージェントを利用するメリット

    転職エージェントは一般の求人サイトとは違い非公開の求人が80%もあります。そのため膨大な求人から自分の希望する会社を選ぶ事ができます。また、面接日や入職日など企業との調整も転職エージェントがすべて無料でしてくれます。

  • 正社員への転職を成功させるコツ

    一度派遣社員として働くと正社員への転職は難しいというイメージがありますが、コツを知ると派遣社員から正社員への転職は成功します。正社員への転職が成功するコツを紹介します。

  • 派遣から正社員になる方法

    派遣社員から正社員になる事を視野に入れて働く人は多いと思います。派遣社員から正社員になるためにはどのような方法があるのか紹介します。